-大学推進・高輪-Takanawa Jazz Ensembleがみなと高輪音楽祭に出演しました

2017年6月24日(土) 東京都港区・高輪区民センターにて開催された
 

「みなと高輪音楽祭」

にTakanawa Jazz Ensembleが出演しました。

 

 これは、2017年度To-Collaboプログラム 大学推進プロジェクト「ライフステージ・プロデュース計画 大学開放事業」(代表:池村 明生 教養学部芸術学科 教授)による活動の一環として実施されたもので、港区立白金の丘小学校合唱団、シニア世代を中心とした高輪混声合唱団による合唱と共演し、音楽を通して多世代交流を深めました。

 当日は、1年次生から3年次生まで約20名の学生がステージに立ち、『Peter Gunnのテーマ』『茶色の小瓶』『枯葉』『Moanin’』の4曲を演奏。部長の須田泰珠さん(情報通信学部3年次生)は、「来場する方の年代層が幅広かったので、曲名がわからなくてもテレビやコマーシャルで聞いたことがあると感じるような曲を選びました。終わった後、来場者の方々に”すごくよかったよ””恰好よかった”などのお褒めの言葉をかけていただき、自分たちがつくり出す音楽で喜んでもらえたことがうれしかった」と話します。また、「広いホールで演奏する機会はあまりないので、いい緊張感を経験できました。地域のイベントや大学のオープンキャンパスでも定期的に演奏しているので、また聞きにきてもらいたい」と語りました。

◇To-CollaboプログラムのFacebookページはこちら