01regional-design

2017年度大学推進プロジェクト 「地域デザイン計画 ブランド創造事業」

2017年度大学推進プロジェクト・概要 「地域デザイン計画 ブランド創造事業」

取組代表者

後藤 慶一 【海洋学部水産学科 教授】
(清水校舎)

共同取組者

池村 明生(教養学部芸術学科デザイン学課程 教授)、松田 靖(農学部応用植物科学科 准教授)、村田 達郎(農学部応用植物科学科 教授)、安田 伸(農学部バイオサイエンス学科 准教授)、黒田 泰弘(工学部生命化学科 准教授)、植田 俊(国際文化学部地域創造学科 助教)、中尾 紀行(国際文化学部デザイン文化学科 教授)、平野 庸彦(札幌事務課企画調整担当職員 地域コーディネーター)

取組の概要

 湘南校舎においては、2016年度よりスタートした「ベジタマもなかプロジェクト」をテーマに引き続き実施する。「ベジタマもなかプロジェクト」は平塚市の地産地消の促進をテーマとする「オリジナルもなか」の食品開発であり、2017年度は地元の食関係者による商品化に向けた取組みや支援と、市民参加を促すコンペティションや展示会の開催を予定する。またこのプロジェクトは平塚市の市民・大学交流事業や産業間連携促進事業と連動させながら、東海大学と平塚市の農水産課・商業観光課・産業振興課の所轄が一体となり、またJA湘南、平塚市漁業協同組合、平塚市料理飲食業組合連合会等が参加する横断的な組織をつくり推進する。
 阿蘇校舎においては、これまでに、機能性成分向上を目指したヤーコンの新品種によるブランド創出を試み、品種候補となる系統選抜に至っている。また、2015年度から開始した消費地への生産地域の認識を拡大するための収穫体験ツアーを継続するとともに、生産者間の相互理解と技術向上を目的とした現地検討会を実施する。さらに今年度は、ヤーコンを素材とした加工品の作出、および機能性成分の有効性が注目されている葉の成分分析を実施し、ブランド推進に向けた科学的エビデンスの付与を目指すこととした。
 札幌校舎では、これまで継続して取り組んできた地域資源(札幌軟石)を活用したモノづくり、およびワークショップ・イベントなどを開催し、その現代的イメージの構築を目指す「札幌軟石プロモーションプロジェクト」を実施する。
 清水校舎においては、駿河湾で漁獲される廃棄原材料を用いた「タカアシガニ魚醤油」を開発する。駿河湾では深海魚やタカアシガニが多く水揚げされており、静岡市を含む駿河湾沿岸は近年の深海魚ブームの火付けとなるエリアである。2011年度、沼津市の業者の依頼で宮城県水産高校がタカアシガニ魚醤油を試作したが、東北地方太平洋沖地震によってすべてが失われた。同業者はタカアシガニ魚醤油に魅力を感じているものの、自身では開発するすべがなく、東海大学に相談があった。東海大学と静岡市内企業が連携し、タカアシガニ魚醤油製造法を構築し、駿河湾沿岸の業者に製法を提供するとともにプロモーションを図ることで製造業や観光発展に寄与することを目的とする。

期待できる取組成果

 湘南校舎においては、産業間連携および市民参加の商品開発・市民啓発プロジェクトを推進することで、学生にとっては実践的なデザイン&プロモーション活動を実践しながら、社会の場で専門を生かし学ぶ契機となる。また様々な関係者がかかわるプロジェクトへ関与することで、社会の仕組みや状況を理解しながらシティズンシップ(市民性)の体得にもつながる。また産業間連携・市民参加を同時に促す地産地消のプロジェクトであり、行政・産業・住民それぞれの地元意識の醸成に貢献することが期待される。
 阿蘇校舎では、湘南校舎の学生とともに各自の研究分野で分析を実施し、その結果が実際に消費者にどのように受け入れられるか、つまり研究と社会との接点を実感することができる。また、収穫体験ツアーでは学生が案内役として参加することで、さらにその意義を再確認するとともに、自らの研究内容へフィードバックすることも可能となる。
 札幌校舎では、これまで独自に取り組んできた軟石の作品づくりの成果、札幌軟石を扱う地元企業(辻石材工業株式会社、軟石や)・軟石採掘の歴史を持つ地元地域(札幌市南区石山)とのこれまでの連携の蓄積及び成果の発信、そして従来からの札幌軟石へのイメージの刷新が可能となる。それによって、東海大学札幌校舎(中でもデザイン文化学科)にある〈知〉や〈技術〉を広く周知・発信でき、かつ、地元地域に新たな「ブランド」を創造することが可能となり、地域の様々な側面への貢献が期待できる。
 清水校舎においては、開発に従事する学生や授業履修生は、高級品として認識されているタカアシガニの華やかさの陰に、廃棄されている原材料が少なくないという実態、またそれを有効利用できるということを授業や研究開発を通じて知ることができる。試作から商品プロトタイプ開発まで携わることで、もの作りの考え方を身につけ、また地域社会の産官メンバーと混じり合うことで社会の仕組みや中小企業が抱える諸課題を知り、自身の人間形成に大きく役立つこととなる。本取り組みは地域のニーズに応えるものであり、静岡市を含む駿河湾沿岸地域とのパイプが一層強くなることが期待される。製造法やレシピを地元業者に提供することで、駿河湾沿岸地域の観光や商業活性化に貢献すると考える。

  • 取組テーマ:ブランド創造
  • 対象者  :指定なし
  • 連携自治体:平塚市、静岡市、札幌市、南阿蘇村